金銭感覚によって変わる 時計にかける金額

男にとって高級時計は憧れの品物です

やはり男は機械モノにあこがれを抱くからだと思います。高級品はもちろんですが、5万円ぐらいまでのモノを結構持っている人も多いと言えるのです。男性は必ずと言って良いほど時計が好きです。我が家にも何本か今でもあります。高級なモノは全く残っていませんが、それでもカタログ等を見ると直ぐに欲しくなってしまいます。これは男性すべてに言えることだと思います。これまで興味の無い人を見たことがありません、全く興味が無くても、成功すると知らない間に何本かの時計をコレクションする人が殆どです。男性の場合は車か時計がコレクションの対象と言えます。

またその男性にとってのステータスの証でもあるのです。成功の証として車を数台持っている人は必ず時計もコレクションしています。車好きの人は同じ様に何本もコレクションをすると言えるのです。実際には腕は一本だけです。両腕にしたとしても2本あれば十分ですが、コレクターの家には何十本モノ時計が置かれています。一端集め出すと止まらないと言えるのです。僕も一頃集めていました。今でも何本かコレクションをしています。もちろん高いモノは全くありませんが、それでも人よりは少し多めに持っています。殆ど電池切れで止まっています。オートマチックのもは直ぐに動くのですが、それ以外は電池交換をしない限り無理だと言えます。

オススメワード